<< 動画の時代 | top | ☆アヒル君のぴょぴょ絵日記☆ >>

誤砲にラブレターを叩きつけてみた。

0

    年末、実家に帰省していた私に訪れたのは、一抹の人恋しさと1日余りの暇な時間だった。
    (それ以外はずっと遊んでた)

    パソコンの前にすわってダラダラしていた私の頭の中にささやき声が聞こえてきた。

    「――……やっちゃわないか。アレを」

    潜在意識からの問いかけに、私はにやりと笑って答えた。

    「しょうがねえ、やってやんよ!」

    私は猛然とパソコンに向かい、キーボードをやたらめったら叩き始めた。
    ページの構成・内部の制御スクリプトが一気に頭をよぎる。
    そのスピードに振り落とされないように、指が脳内にキャッシュされた情報を速やかにアウトプットする。私はその合間にふっと微笑を浮かべた。

    (……何ゆえ、この能力が職場で発揮されないのか)

    私は頭の片隅で密やかに愚痴ったが、当然聞くものは誰一人としていなかった。
    家族の寝静まった静かな家の中で、カタカタという音だけが響いていた。
    冬の夜のことだった。



    ああ、やたら前フリが長かった。
    どうも、こんにちは、こんばんわ、おはようございます。T邑です。

    関係者から承諾をもらったので、ついに年末年始をかけて作ったあるものをめでたく公開することにあいなりました。

    転機誤砲、嘘予告!!

    【説明】
    嘘予告とは、私が気まぐれに書く、事実無根の予告編。
    必要か不必要かなんて考えません。
    それも全て私が書きたいが故に書かれるものであり、それ以上のものではありません。
    誤砲への暑苦しいほどの愛と、情熱だけが込められています。
    (某Mッシェル氏には歪んでると評されましたが)

    なので、とくに意味のないコンテンツとなっております。

    さあ、どんなもの気になる貴方は詳細ページをご覧ください。
    隠しもせぬ、むしろ大声で叫びまくる位の厚顔無恥ぶりでコンテンツを配置しました。
    責任はとりません。……団長に怒られない限り(意外と弱気)

    by T邑
    tenkiblog | そのた | 00:29 | comments(0) | - |


    Comment










    11
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    --
    >>
    <<
    --
    RECENT COMMENT
    MOBILE
    qrcode
    OTHERS
    LATEST ENTRY
    CATEGORY
    ARCHIVE
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH